意識高い系コミュニティに参加し始めて数ヶ月、自分がいかに受け身でなにも考えずに生きてきたかがわかった

ここ最近もっぱら
イケハヤさん
西野亮廣さん
前田裕二さん
ホリエモンさん
あたりにかぶれております29歳姉でございます。

彼らの書籍を読みあさり、ツイッターを毎日チェックし、時にはクラウドファンディングに参加してみたり。

先日は、クラウドファンディングで前田裕二さんの講演会を企画するメンバーになる権利を5000円で買いました。いや、支援しました!

普通の会社員としてのうのうと生きてきたわたしが、このクラファンに参加して感じたことを今日は書き綴っていきます。

①コミュニティで意見を発することの難しさ
Facebookのグループ内で企画が練られている最中なんですが、ここに投稿するのが、まぁ勇気がいる。

例えば、「チケットは何円で売りますか?」
と議論がなされた時。

わたしは

20代3000円とゆうのは妥当な気がします!
でも確かに5000円以上でも、深いファンは買うと思います。
3000円チケットと5000円チケットを二種類用意して、5000円チケットを購入した方の数だけ、抽選で学生さんを無料招待とかどうでしょう?
それだと赤字になっちゃうか!
無料で行きたい若者が広告してくれるんじゃないかと思いまして。
あさはかな考えばかりですんません!

と投稿しました。
かなり弱気な発言ですよね。説得力なし!もちろん没案になりました。

このレベルならまだしも、反対意見なんて、まぁ絶対言えない。
この人間の心理ってなんなんでしょうね?
自信がないから?否定されるのが怖いから?嫌われたくないから?
こんなんじゃ、評価経済であたいは沈没船やないかい。チーン。

②たくさんの人が知恵を出し合うことの価値

このクラファングループには現在50人弱の方が所属しています。
本当に色々な意見があって、自分の脳みそでは絶対に考えつかないような案が次々と出てきます。
わたしは会社も少人数だし、こんな大勢の方の意見に触れることがなかったので、とても驚きました。
ビジネスにしてもクラファンにしても、なにかを始めるにあたって、たくさんの人に意見をもらうことって大事だな。
個の力は所詮小さいけれど、みんなが集まればすごい力になること改めて実感しました。

③みんなの得意分野を持ち寄れば、すげーことになる!
わたしネット社会の原始人じゃないですか〜?笑
このクラファン、すげー人がたくさんいるんです。
誰かが講演会の公式ツイッター立ち上げてくれたり、
誰かが講演会のフライヤー的なの作ってくれたり…
あたい、なんにもできねぇ!
でも、これを通じて学んだのは、なーんだ、別に苦手なこと無理にやらなくても、案外得意な人が助けてくれることもあるかも…?ということ。
もちろん、やりたいと思ってくれる関係とか熱量があってこその話なんですが。

以上。

結論。
まずは自分の意見を言えるようになることから始めよう。
最近、意識高い系コミュニティ(姉妹の共通認識で、前田さん西野さんあたりを取り囲んでいるような人々のこと)を見ていて思うことは、いかに自分がなにも考えずに受け身で生きてきたかということ。
受け身の共感スキルは死ぬほど身についているのに対し、アウトプットすることや物事の本質を考える能力が低すぎる!

自分の意見はこうです!って、言えねぇもん。
それはきっと、何かを感じて疑問に思って考えることが圧倒的に足りていないからだと思うのです。

29歳、ここで自分を内省し、現代を生き抜くために自分の意思を持とうと思ったお話でした。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。