『人生の勝算』が衝撃過ぎてクラファンでパトロンになってみた。

どーも妹 @imo_fukumusume です。

イケハヤさんや西村創一朗さんなど
妹がリスペクトするインフルエンサーの間で話題となっていて
発売から二週間後に購入し、即読み切ってしまいました。

秋元さんが〝堀江以来の天才がいる〟というから会ってみたら、本当だった。
――堀江貴文

秋元康さん、堀江さんが認める人ってどんなすごい人やねんと思って読んでみたら
とにかく、すんごい。って感じでした。(笑)

『人生の勝算』は仮想ライブ空間「SHOWROOM」の創設者であり、
社長である前田裕二さん初の著書。

「SHOWROOM」とは配信者に向かって
視聴者が直接投げ銭ができるライブストリーミングサービス。

外資系投資銀行でバリバリに働き、
DeNA南場社長に引き抜かれ、2015年にSHOWROOM株式会社を設立し、現在超注目の起業家。
地頭の良さだけでなく、バイタリティすごすぎる…。

ビジネスに活かせる要素もたっぷりです◎

特に参考になったところは
・モノ消費からヒト消費へ
・人に好かれたいなら人を好きになる

・モノ消費からヒト消費へ
モノ消費からコト消費へと巷では言われていますが
人生の勝算を読み自分の行動を振り返ってみると、ヒト消費だなと。
腹落ちしました。納得。

・人に好かれたいなら人を好きになる
私は人を嫌いから入るタイプ(自分が傷つきたくないから去勢張ってる)のですが
人を好きになるってすごく重要なことだなと思いました。

おばあちゃんが小さいころから、『人は鏡だ』と言っていました。
自分が苦手だなと思っていたら、相手にも苦手だと思われてしまう。
まずは、相手を好きになりなさいと教えられました。
改めて人を好きになることの重要性を感じました。ばあちゃん、ありがとう。(笑)

とにかくめっちゃいい本!
みんなに読んでほしいと思ったのでパトロンになりました!
初めてのクラファン!良いお金の使い方だと。

『人生の勝算』の個人書店を募集し、本の売り方を一緒に考える戦略会議を実施したい!

本の中でこんな言葉があります。

逆境は、必ずバネになる。努力と情熱次第で、人はどんな高みにだって行ける。

振り返ってみれば、逆境も多く
満たされない思いを感じることもたくさんあったけれど
そんな環境が今の自分を形成し、
今はこんな自分でよかったと思えます。逆境に感謝。

そして、努力しなきゃなーと。。。(笑)

みなさんも是非、読んでみてください♡