ふくしまの酒まつり2017レポート

こんばんは!姉です!
8/3~8/4に新橋で行われた、ふくしま酒まつりに行ってきました。
姉妹は気合を入れて2日連続で参加してきました!新橋駅を抜けてびっくり!人が多いこと多いこと。嬉しいですねー!

1000円でチケット5枚購入。日本酒はだいたいチケット2枚。フードは2~3枚とゆう感じだったので、両日チケット10枚2000円分を購入しました。


2日目、ステージにて福島酒造組合会長さん登場。ご挨拶されて、会場の熱気高まる中の乾杯!会長すでに酔っておられる。(笑)
そしてここからの時間は日本酒全種類をチケット1枚で提供します!と断言!
会場のボルテージ最高潮!
姉妹はこの時点でチケット4枚持ってました。
フードもほとんど完売しており、日本酒を結局6〜7杯飲んだと思います。
野外で飲むのはテンション上がりますね。かなり酔いました。

ふくしまの酒まつりを2日間楽しんだ感想。
こんなにたくさんの人を集められる福島県の酒ってすごい!福島の日本酒の魅力に感動しました!全体的に年齢層は高めだったイメージでした。もっと多くの方に、そしてもっと若い方にも、福島の日本酒の魅力が伝わればいいなと思います。
今回はチケットを購入するとうちわとふくしまの水の500ミリペットボトルがもらえたんですね。水を飲みながらお酒を頂いたので悪酔いせずに済みました。細やかな気遣いですね、さすが福島。
ふくしまの酒を次はロンドンでと計画されているという情報も関係筋からゲットしました。(笑)
福島県の、ふくしまの酒の情熱に、胸を熱くした姉妹でありました。ふくしまをアピールできるくらいのインフルエンサーになることが姉妹の目標です。とりあえず今年の夏も、また飲みすぎてしまいそうです。