飯坂温泉の銭湯は鯖湖湯に行ったよ

どうもー姉です!

今日はわたしの大好きな銭湯、鯖湖湯 (さばこゆ)についてご紹介!

鯖湖湯は飯坂温泉の共同浴場で最も古い歴史を持つお風呂です。

あの松尾芭蕉さんも奥の細道の途中に立ち寄ったと伝えられています。

平成に入ってから建て替えがされていますので、建物はとても立派で飯坂温泉のシンボルとなっています。

右手が男湯、左手が女湯です。

入り口の券売機で200円の入浴券を購入。激安です。

そして中に入ると、脱衣所とお風呂の間に仕切りはなく、昔ながらの銭湯スタイルになっています。

熱めのお風呂につかりながら、建材に使われているヒバの木の香りをご堪能ください。窓から差し込む光が清々しく、朝風呂がおすすめです。

お湯が熱いので、お水をいれて温度を下げてもいいですよと注意書きがありますが、たまに地元の方で水を入れるなと言う方がいたりしますので注意。しかし福島の方は基本優しいのでほとんどの方は快く接してくれます。気軽に話してくれる方ばかりです。

また昔ながらのお風呂なので、シャワーやドライヤーはありません。上がり湯で最後に流して帰るスタイルです。

疲れを癒したいときはもちろん、元気がないとき、銭湯に行くとなぜか少し元気になれる。お風呂にはそんな不思議なパワーがある気がするー!

鯖湖湯のご案内

福島交通飯坂線  飯坂温泉駅から徒歩5分くらい

駐車場なし、すぐ近くに有料駐車場あり(100円)

営業時間6:00〜22:00

定休日  月曜日(月曜が祝日の場合は営業)

入浴券  大人200円   小人100円

お湯の温度  だいたい45度くらいの熱め

シャワー、ドライヤーなし