「NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法」とは?

昨日、鈍行列車で東京から福島まで5時間かけてやって参りました。
どうも姉です。

長~い電車の旅の途中、
NYで人気のセラピストが教える自分で心を手当てする方法
を読みました。

 

この本には心が傷ついたときの症状と、
手当ての方法が詳しく書かれています。
心理学の研究成果にもとづいた
エビデンスのある方法です。

体の不調は手当てするのに、
なぜ心の不調は放置するのか?
わたしたちは心の痛みを随分ないがしろにしていると思います。

自分に自信がないとき
誰かに無視されて傷ついたとき
大きな失敗をしてしまったとき
罪悪感が離れないとき…
この本はそんなときの、心の救急箱になり得る一冊です。

NYで人気のセラピストが教える自分で心を手当てする方法

の項目はこちら↓

第1章 自分を受け入れてもらえなかったとき
失恋、いじめ、拒絶体験
第2章 誰とも繋がっていないと感じるとき
孤独
第3章 大切なものを失ったとき
喪失、トラウマ
第4章 自分が許せなくなったとき
罪悪感
第5章 悩みが頭から離れないとき
とらわれ、抑うつ反芻
第6章 何もうまくいかないとき
失敗、挫折
第7章 自分が嫌いになってしまったとき
自信のなさ、自己肯定感の低下

気になる項目があった方はぜひ。
自分の心をいたわって、明日のストレス社会を生き抜きましょう( ´ ▽ ` )ノ