桑折に伝わる伝統のちまきの作り方

我が家では5月の節句に必ずちまきを作ります。姉妹が上京してからは毎年宅急便で送ってくれるちまき。ばばの味です。姉妹も大好き!
今回はちまきの作り方を、ちまきを作って50年!自称ちまきの達人であるうちのばあちゃんから伝授してもらったので、ご紹介していきます!

材料
笹100枚(50個できるよ!)
い草(い草って知ってる?畳の材料だよ!)
もち米1.5kg

作り方
まずは笹の下準備。笹の茎を切り落として、葉っぱを洗います。
い草は長い場合は半分に切ります。
笹とい草を水に浸します。30分くらいかな。

次に、もち米の準備。
米を研いで、1時間くらい水に浸しておきます。その後ザルにあげて、水をきります。水はしっかり切りましょう。

笹を拭いていきます。タオルを二枚準備して一枚はテーブルに敷き、もう一枚は手に持って、笹を一枚ずつ挟み込んで拭いていきます。手に持ったタオルをしっかり押さえつけて、笹を引き抜くようにします。笹の汚れが取れます。

さぁ、いよいよ笹を巻いていきます。
まずは笹を円錐状に巻いて、米を入れます。(笹の表面を内側に向けて使います。)笹の端っこは向こう側に持ってきます。円錐の先端がぴったりついてないと米が漏れます。

そして余った笹の端っこを手前に折り曲げて、もう一枚の笹をとります。
二枚目の笹は大きめの笹を選びましょう。もう一枚の笹で逆三角形の底辺のところを挟み込み、余った部分を角の形に合わせて向こう側に折り曲げて、さらに余った部分をもう一度手前に折り曲げます。反対側も同じように2回折り曲げます。


そうしたら、い草で結ぶ!結び方がこんがらがるんだな。


そしてもくもくと作り続けます。
全ての笹巻きが結えたら、今度は3つずつ束にして結んでいきます。
なぜ3つなのかと聞くと、3つずつ食べるからだそう。(笑)4だと縁起が悪いから、3つか5つずつ結わくことをおすすめするそうです。

そして鍋に入れて、また水を張って浸します。我が家はこのまま一晩おきます。水に十分浸さないと硬くなるらしいです。


一晩置いたら、最後の工程。蓋をして40分程度茹でます。

翌朝完成したのがこちら!
作りたてはもちもちしておいしい!

実際の結い方をYouTubeでまとめてみましたので、気になる方はこちらもチェック!https://youtu.be/T1Nllm1hGDQ

伝統ある郷土料理がこれからも受け継がれることを祈って…
毎年ちまきを作り続けてくれたばあちゃんに感謝の気持ちを込めて。

道の駅国見あつかしの郷

5月3日オープンの道の駅国見(くにみ)あつかしの郷に行って来ました。
国道4号線沿いの福島県の北の端っこ国見町。
東北自動車道の国見インターからのアクセスもよいです。

あつかしの郷

大混雑のため入場制限。

整理券

姉妹は4000番代。呼ばれるのは1時間後とのことで、一度退散し、1時間後にもう一度訪れることに。

エコカー

 

こちらは電気自動車の電気を利用したステージにて地元有志によるのコンサートが行われていました。電気自動車の充電スタンドもあり最新設備がそろってます!

EV


店内

こちら店内の様子。賑わってます!

あつかし酒

地酒の試飲コーナー。あつかしさん極。

たけのこ

たけのこ買いました。明日はばあちゃんがたけのこご飯にしてくれるそうで。

キッコーゲン

キッコーゲンの甘酒。キッコーゲンは国見のおとなり桑折町(こおりまち)の味噌、醤油屋さんです!姉妹はキッコーゲンの味噌と醤油を食べて育ちました。甘酒も絶品、美容にもいいですね。

大野屋あんぱん

こちらも桑折町(こおりまち)の老舗、大野屋さんのあんぱん!という名の饅頭。

国見バーガー

国見バーガーは国見の名物、佐久間商店の鯖の味噌煮を使ったバーガー。

ジェラート

ジェラート。あつかしの酒麹をチョイス。まだ研修中か、ジェラートの盛り方が…笑

本日は初日とあってかなり混み合っており入場制限があったため、県外から寄ってくださったお客さんが入れなかったのでは?と懸念されました。たくさんのお客さんに来て頂いて、地元の新鮮な野菜や果物を手にとっていただき、一人でも多くの方に福島を好きになってもらえることを祈ります。福島の北の玄関口として、愛される道の駅になりますように!

 

道の駅 国見 〜あつかしの郷〜
大屋根の緩やかなカーブは国見町の阿津賀志山(あつかしやま)、二重堀(ふたえぼり)の曲線
フルーツの滑らかな曲線をイメージしているそう。

Facebookはココ➡ 国見まちづくり株式会社

★営業時間★
カフェ・レストラン11:00~21:00
農産物直売所9:00~19:00
子どもの木育広場10:00~17:00
大広間&多目的ルーム9:00~21:00
コンビニ(ミニストップ)24時間

裏アカで生きていきたい

どうも姉です!
GW帰省中です。
普段は東京都港区1Kマンションに一人暮らし

仕事も大好き、やっぱりあなたが居なきゃって言われるし、先月6000円昇給したし。

この前、患者さんの男性に口説かれたし。

ヨガにも行くし、飲みにも行くし、ブログだって書けるし、夜中までネットフリックス見て次の日昼に起きたってへっちゃらだし、エステも美容室も高いお金かけて、やっぱ自由ってサイコー!って過ごしてるわけです。

しかし20代後半ともなると、地元の友達はどんどん結婚、どんどん出産と、あんなに大好きだった地元もだんだん居心地が悪くなってきます。
今日も買い物に出掛ければ高校時代の友人に会い、
犬の散歩に行き慣れた小学校に出掛ければ、初恋の彼が子連れで遊んでいるという。

ぁあ、早く連休なんて終わってしまえ。

今回の帰省に際し、親友たちが連絡をくれました。
親友達は皆妊娠中。同級生の赤ちゃんを出産予定らしいです。
みんな順風満帆やなー。
そして、今回は帰省しないよーと嘘をつくわたし。

彼女たちに会って惨めになるくらいなら、会わないほうがいいや。

こんなひねくれたわたしを、受け入れ出した自分がいます。だんだんと帰省しずらくなるアラサーの気持ちがここ数年痛いほどわかります。笑

父も電気屋に行けば、お孫さんにと粘土をサービスされたらしいです。うち、孫いないよね。パパごめん。涙

日本の未来のために子孫残さないとってワークライフバランスの小室さんも言ってたもんね。
子孫、残したい気持ちはあるよー!
30代目前にちゃんと考えてますよー!
腹冷やさないように気をつけてますよー!
一生懸命働いて税金だけは納めてるから許してー!笑
もはや裏アカで生きていきたいと思う、そんなタラレバな夜でした。

(むしろゼロからまた宇宙をはじめてみようか?)

あーあ、早く連休なんて終わってしまえ。笑

小浜島

JAふくしま未来彩ジャム

おばんです~。
姉妹で帰省中でございます。
今日は、ばあちゃんと3人で福島県伊達市伊達町みらい百彩館んめーべに行って来ました。

んめーべって方言は、うまいべ!って意味です。
んから始まるって、ネーミングセンスが素晴らしい。
他人に伝える時必ず聞き返されますが…笑

外観はこんな感じ。

中に入ると、地産の食品がずらーっと。

今日気になったのはこちら。

29日に発売されたばかりの未来彩ジャム(みらいろジャム)
JAふくしま未来と福島の製パン製菓の銀嶺食品さんがコラボして作られたそう。オシャレ!
福島の果物や穀物が使われています。
ブランド化してぜひ全国に広がってほしいですね。
長野のリンゴバターも東京の高級スーパーでは大人気ですから、あんな感じで有名になってほしいなー。

今日はももバターを試食させてもらいました。
桃が濃厚で美味しかったー!

あと気になるのがライスプディング。
ライスプディングってなんだい?
米をミルクで煮た料理(スイーツ)だそうです。世界各地に存在する料理。

パンに米を塗って食べるとは!
さすが福島ですわー。どんだけ穀物愛してんだって。
このジャムは全8種類で、

りんご
りんご&バター

りんご&シナモン
りんご&紅茶

りんご&カラメル

りんご&カルバドス

もも&バター
ライスプディング

のラインナップになっています。
1瓶140g入で480円でございます。

購入は、県内JAの直売所で可能です。
直売所リストはこちら。

明日の朝食のおともに、なじょったい?
(いかがですか?)

桑折町で売り切れ続出、献上桃ソルベ

ついに買えました!献上桃ソルベ

 

 

 

 

 

 

 

桑折町内で販売しているとのことで、まずは町内の菓子屋、大野屋さんに向かいます。

本日分は売り切れましたとのこと。残念。

次に向かったのは桑折駅前にある酒屋、リカーショップ旭屋(あさひや)さん。
ありました。ついに見つけました!
旭屋さんの写真を撮り忘れました。無念。

献上桃(けんじょうもも)ソルベは、
姉妹の地元、福島県伊達郡桑折町(だてぐんこおりまち)の桃を使ったアイスクリームです。
桑折町は天皇陛下に献上する桃、
献上桃の里として有名です。
献上桃となるあかつきという桃の果汁を75%とふんだんに使用しています。
開けてみるとこちら。

 

 

 

 

 

 

 

真っ白なソルベのお出まし。
濃厚な桃の味を堪能( ̄▽ ̄)
氷の粒もきめ細かく口当たりも滑らかで、なんともおいしい!

 

桃の選果場で13年働き、献上桃を桐箱に詰めていたと栄光を語る祖母80歳。
ばあちゃん曰く、
「ん~~、あかつきの匂いすんな!んまい!(うまい!)」
とのこと。
桃の中でもあかつきの匂いを嗅ぎ分けるとは、さすがばあちゃんです。

 

献上桃ソルベを食べたくなった方、ぜひ桑折町においでください。
リカーショップ旭屋が狙い目です。

また夏には本物のあかつきの桃が食べられますので、こちらも絶品です。
ぜひ一度ご賞味あれ!

 

 

革のリュックならいたがきがオススメ

愛用のリュックについて。

鞄工作社いたがきで購入したものです。

いたがきと言ってもあのめちゃめちゃ有名ないたがきではなくて、福島県伊達郡桑折町(こおりまち)にある鞄屋さんです。

ブランド名はTREPITO(トレピト)。

この鞄、もう3年以上愛用させていただいています。365日通勤も休日も旅行も一緒に。

(写真は2017正月 石垣島にて)

毎朝、都会の満員電車にもまれながらも、頑張ってくれています。

このリュックの魅力について。
なんといってもこのスタイル。シンプルながらも他にはないフォルムがお気に入りです。

次に背中にかくれたファスナー。
中身が盗まれる心配もなく、防犯上とてもよさそうです。

 

そしてサイドについたファスナーポケット。

これは便利!
わたしはここに定期を入れておりまして、背中からおろさなくても取り出すことができるのでとても重宝しています。
スマホも入るサイズなのでこのポケットがだいぶ活躍してくれていますね!

最後は色!
色の経年的な変化を楽しめるのも、
革製品の醍醐味ですよね。

次は黒の色違いを狙っているところです。

お値段は少し張りますが、
職人さんが一つ一つ手作りされたこの鞄は、
丈夫で長持ちするのでながーく愛用できます。
この鞄工作社いたがきでは、他にもたくさんの革製品を扱っていますので、長く使えるお鞄をお探しの方はぜひ!